体験型 子ども食堂を作りたい☆

子どもの笑顔を守り、広めたい。時につまづきながら、後戻りしながら 進んでいく様子を、現在進行形で発信して行きます。

決意表明の舞台裏。オモイをオモテに出せるまで。

先日 できる!が身につく 体験型子ども食堂を作りたいと決意表明させていただき、
スタートラインを越えることが出来ました。

迷いに迷い、考えに考え、悩みに悩んでいたところから
何故、決意表明する事が出来たのか。


決意表明に至るまでの経緯をお話しさせていただきます。



…って コレ、 
興味ある人いるのかな(; ̄ェ ̄)


きっと、いろんな事で悩んだり迷ったり
先に進めない人がきっといるはず。
きっと、何かしらのきっかけを発信できるはず!!

そう思い込んで、話します♪( ´θ`)


キーワードは、
『出会い…ご縁』です。   GOEN☆


にしのあきひろさんの、
えんとつ町のプペルという絵本、
皆さんご存知でしょうか?

現在 発行部数21万部を突破している
とても人気の素敵な絵本です。


この えんとつ町のプペルの絵本と出会い、
叩かれても叩かれても
信念を持って走り続ける にしのさんの姿を知りました。

えんとつ町のプペル展を日本各地で開催される方々の頑張りを知り、
皆さん一生懸命、ゼロから工夫されて
プペル展を成功させようと努力している姿を見ていて、

私の中でも、ほっそーい導火線に火が点いたのを感じました。



にしのさんの故郷、
兵庫県川西市のプペル展の主催者、
前田さんという方に、 

火が点いた私は
ある事がきっかけで連絡を取る事に。



ある事というのは、
前田さんが川西市で『かわにし未来プロジェクト(KMP)』
という活動をされている事を知って、
私が住んでいるまちも頭文字がKだったのも背中を押し、
子ども達のより良い未来をつくりたい私は
そのプロジェクトの内容や、
どんな風に活動を進めているのかを知りたくて 
いきなりメッセージを送ってしまいました。

 

それにもかかわらず、親切にご返信下さり、
なんと、
神戸で活動をしていらっしゃる
『こうべ未来プロジェクト(KMP)』の
代表の方まで紹介してくださいました。

もうこの頃には私の導火線は
だいぶ太くなっていて、炎もメラメラ(^-^) 



こうべ未来プロジェクトの方々の輪に
暖かく受け入れていただき、

ご活動の内容と、ご活躍されている様子を知って
導火線の先にある物が見えてきました。

若かりし頃、自分のやりたい!を
向こう見ずにアクティブに行動しても、
必ず先方が受け止めて下さり  その頃感じていた人の温かさを思い出しました。



結婚してからの私は、仕事と家庭と子育てと、
そこにプラスして何かをする事は、
何かを失わなくてはいけなくなるんじゃないか
という思いがあり、足踏みしていました。


でも、こうべ未来プロジェクトのメンバーの皆さんは、
ほとんどの方が 主婦で、
しかもフルタイムで働いている方もいらっしゃって、
きっと かなりハードスケジュールで頑張ってらして大変なはずなのに、
ものすごく輝いておられる☆

そんな方々に出会って、
私にもできるかもしれない!
と勇気をもらいました。



そして、
導火線に火がついて、
激しく炎が燃え 火花が飛び散り始めた 
ちょうどその頃、

前田さんがご自身に向けて発言した一言
『自分に負けてたまるか!』
という言葉をナイスタイミングで見つけ、
まさに、今の自分に突き刺さり、



ドッカンコーーーーー!!(((o(*゚▽゚*)o)))



無事、決意表明をする事ができました。




私が前向きになれたのは、
素敵な出会いの連続があったから。

出会いに感謝。ご縁を大切にして、
これからも精進して参ります。


やっぱり、人と人との繋がりっていいね!
やっぱり 子ども食堂 大事だよ。
子どもにとっての出会いと発見の場。
実現するぞ〜(^o^)/

f:id:kodomonomiray:20161221185019j:plain