体験型 子ども食堂を作りたい☆

子どもの笑顔を守り、広めたい。時につまづきながら、後戻りしながら 進んでいく様子を、現在進行形で発信して行きます。

そうだ!農地借りよう♪( ´▽`)その②

畑を耕し、自分達で育てた野菜で調理し みんなで食べる!

体験型 子ども食堂を実現させる為、今農地を探しています。

そうだ!農地を借りよう♪( ´▽`)その①は
こちら↓


その①の続きです(^o^)/



理想は農地プラス調理場が近い事!


農地付き古民家の空き物件を見つけるも、
580万円という価格に断念し、

次に、
1年間1万円という 住宅街のすぐ隣にある
格安 市民農園を見つけ、
問い合わせするも、
駐車場がない事が分かり 諦め、
 

そして、
お値段は市民農園の2倍以上はするけれど、
プロの指導付きの貸し農園を発見!



こちらの貸し農園、周りもみんな畑だから
小さなお子さんが参加されても、
走る車に気をつけなくて済むし、

何と言っても、のどかな田園風景の中で
農作業をやるって、
なんかイイ!! ♪( ´θ`)ノ

しかも、電話で問い合わせしたところ、
ホームページには載せていなかった、
新しい農地の貸し出しが決まったらしく、
そこなら車も5〜6台停められるそうで♪( ´▽`)

神様☆*・'(*゚▽゚*)'・*☆
MIRACLE BANZAI\(^o^)/

もう ここで決まりじゃな〜い?


あーー!!
調理場だー!調理場!
近くにないとダメだった。Σ(゚д゚lll)

近くにあるかなぁ。。


と、検索してみると
農園から車で5〜10分位のところに
市の調理室があった!(((o(*゚▽゚*)o)))

ウォーーー!!

はい、コレ  採用〜! ψ(`∇´)ψ


すぐにでも動きたいんだけど、
もうすぐ実家に帰省する為、
はやる気持ちを抑えて、

年明けに、貸し農園の方と、
農業のプロの方と
お話しさせてもらう事になりました☆


は〜や〜く〜   こーいこーい♬
お正月〜♪

f:id:kodomonomiray:20161222104241j:plain

決意表明の舞台裏。オモイをオモテに出せるまで。

先日 できる!が身につく 体験型子ども食堂を作りたいと決意表明させていただき、
スタートラインを越えることが出来ました。

迷いに迷い、考えに考え、悩みに悩んでいたところから
何故、決意表明する事が出来たのか。


決意表明に至るまでの経緯をお話しさせていただきます。



…って コレ、 
興味ある人いるのかな(; ̄ェ ̄)


きっと、いろんな事で悩んだり迷ったり
先に進めない人がきっといるはず。
きっと、何かしらのきっかけを発信できるはず!!

そう思い込んで、話します♪( ´θ`)


キーワードは、
『出会い…ご縁』です。   GOEN☆


にしのあきひろさんの、
えんとつ町のプペルという絵本、
皆さんご存知でしょうか?

現在 発行部数21万部を突破している
とても人気の素敵な絵本です。


この えんとつ町のプペルの絵本と出会い、
叩かれても叩かれても
信念を持って走り続ける にしのさんの姿を知りました。

えんとつ町のプペル展を日本各地で開催される方々の頑張りを知り、
皆さん一生懸命、ゼロから工夫されて
プペル展を成功させようと努力している姿を見ていて、

私の中でも、ほっそーい導火線に火が点いたのを感じました。



にしのさんの故郷、
兵庫県川西市のプペル展の主催者、
前田さんという方に、 

火が点いた私は
ある事がきっかけで連絡を取る事に。



ある事というのは、
前田さんが川西市で『かわにし未来プロジェクト(KMP)』
という活動をされている事を知って、
私が住んでいるまちも頭文字がKだったのも背中を押し、
子ども達のより良い未来をつくりたい私は
そのプロジェクトの内容や、
どんな風に活動を進めているのかを知りたくて 
いきなりメッセージを送ってしまいました。

 

それにもかかわらず、親切にご返信下さり、
なんと、
神戸で活動をしていらっしゃる
『こうべ未来プロジェクト(KMP)』の
代表の方まで紹介してくださいました。

もうこの頃には私の導火線は
だいぶ太くなっていて、炎もメラメラ(^-^) 



こうべ未来プロジェクトの方々の輪に
暖かく受け入れていただき、

ご活動の内容と、ご活躍されている様子を知って
導火線の先にある物が見えてきました。

若かりし頃、自分のやりたい!を
向こう見ずにアクティブに行動しても、
必ず先方が受け止めて下さり  その頃感じていた人の温かさを思い出しました。



結婚してからの私は、仕事と家庭と子育てと、
そこにプラスして何かをする事は、
何かを失わなくてはいけなくなるんじゃないか
という思いがあり、足踏みしていました。


でも、こうべ未来プロジェクトのメンバーの皆さんは、
ほとんどの方が 主婦で、
しかもフルタイムで働いている方もいらっしゃって、
きっと かなりハードスケジュールで頑張ってらして大変なはずなのに、
ものすごく輝いておられる☆

そんな方々に出会って、
私にもできるかもしれない!
と勇気をもらいました。



そして、
導火線に火がついて、
激しく炎が燃え 火花が飛び散り始めた 
ちょうどその頃、

前田さんがご自身に向けて発言した一言
『自分に負けてたまるか!』
という言葉をナイスタイミングで見つけ、
まさに、今の自分に突き刺さり、



ドッカンコーーーーー!!(((o(*゚▽゚*)o)))



無事、決意表明をする事ができました。




私が前向きになれたのは、
素敵な出会いの連続があったから。

出会いに感謝。ご縁を大切にして、
これからも精進して参ります。


やっぱり、人と人との繋がりっていいね!
やっぱり 子ども食堂 大事だよ。
子どもにとっての出会いと発見の場。
実現するぞ〜(^o^)/

f:id:kodomonomiray:20161221185019j:plain


そうだ!農地借りよう♪( ´▽`)その①

今、私は
子どもと大人が一緒になって、
畑を耕すところから始めて、育てた野菜で、
自分達で料理を作って みんなで食べる!

そんな体験型 子ども食堂の開催を目指しています☆


体験型 子ども食堂を開催するにあたって、
とりあえず 農地 必要だよなー…(´Д` )

でも、出来れば農地だけじゃなくて
農作業の後は 昼食ふるまいたいから、
古民家付きの農地あったらいいな〜…

って事で、不動産屋さん検索してみたら、
ありました!ありました!

家庭菜園が十分できる庭付き古民家一戸建て!


お値段なんと!



580万円   ∑(゚Д゚)……(゚д゚lll)


いやー、自分の家のローンもたんまりあるのに、
さすがに これは 無理だね。



おし、気持ち切り替えて 貸し農園調べよ!
貸し農園、貸し農園〜 ♪( ´▽`)

あ!ある!ある!市民農園だ!

しかも、うちの近くだ!駐車場もあるし!

いくらで借りられるんだろう?(←ココ1番重要)

お値段なんと!




1年で一万円(((o(*゚▽゚*)o)))ヤッターーー☆



あ、でも どこで調理しよ…

ん?近くに文化センターあるじゃん!
調理室あるじゃん ♪(´ε` )
調理実習の時もここで出来るじゃーん☆


いやーー!もう決まりでしょ!


さっそく問い合わせしたら、

駐車場はフリーの駐車場ではなく、
月極で1台5000円とのこと。

んーと……
参加者の方の駐車場も必要だから…
どうしようΣ(゚д゚lll)

農園代安いけど…
どうしよう。。


担当の方に、かくかくしかじかで…と
子ども食堂の話をしたら

そういう形で使ってもらえたら、嬉しい。
と言って下さり、
そんなに警察も来ないから 2台位なら路駐も出来るよ。と…

応援して下さる気持ちが嬉しかったけど

やっぱり2台じゃ足りないだろうな…

安さと担当の方の優しさに 
ものすごく惹かれてるんだけど、
一応 他にももっと探してみようo(^_^)o



貸し農園、貸し農園っと……

あ!
ある!ある!
市民農園じゃないから さっきのところよりは高いけど、農業のプロの指導付き!(◎_◎)
いいじゃん♪( ´▽`)

さっそく電話 電話っと!  

………

長くなったので、この続きはまた今度書きます☆



より良いものを探すって、楽しいかも…(*^_^*)
だって、新しい発見が待ってるかもしれないし、
予想していなかったオモシロイ結果に
繋がるかもしれないもんね!!



次ツギーーー!!!
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( `∇´)┘

スタートライン。

位置について…… 


ヨーーーーーーイ………

あの、スタートラインに立った時の気持ち。
『体験型 子ども食堂を作りたい☆』と
決意表明した今、

ヨーーーーーーイの瞬間

いつも 120%前向きな気持ちでいっぱいだった
子どもの頃を思い出します。

作りたいと公言する前は、
言うだけ言って 実現できなかったら…
そんな思いが強く、
慎重になっていました。

まさに、マラソン大会の前日
しんどいよなぁ、苦しいの嫌だなぁ、
走れるかなぁ、っていう
ネガティブな感情でいっぱいになり、
いっその事 雨降らないかなぁ とか
風邪引かないかなぁ とか
逃げたくなる時のように。



でも、いざスタートラインに立って

ヨーーーーーーイ!
と言われると

何故か

イケる!絶対やれる!
と、まるで別人にいつもなっていました。

そして 120%前向きになれる、
その瞬間が私は好きでした。



決意表明した今、すごく前向きで
これから始まる未来にワクワクしています。

あれだけ いろんな不安を抱えて
慎重になっていたのは
一体なんだったんだろう?


一言、「作りたいです!」
そう言っただけで、
スタートラインに立っただけで、
120%前向きです(((o(*゚▽゚*)o)))


こんな事言ってるけど、
子ども食堂を作るために必要な物…… 


ゼロ…零…ZERO…


です( ̄Д ̄)




でも、スタートラインに立って、

ヨーーーーーーイ ドンッ!!!!

走り始めたからには (亀さん並みに遅いけど)
前しか見えてません♪( ´θ`)

ゴールで待っている
子ども達のキラキラした笑顔しか

私には見えていません。




たとえ、まわりに99.9%無理。やめときな。
そう言われても、0.1%の可能性があるのなら、
誰が何と言おうとやる!!

そういえば、これが10代から20代前半の
私のモットーでした。

先生時代も、子ども達に
可能性を信じろ!
私はみんなの可能性を信じる。 
誰かの可能性を潰したり 邪魔したり、 
自分の可能性を狭めるような事したら、
許さないって        言ってたな…。
暑苦しいね(;´Д`A

あ、でもこれには理由があって、
荒れてる中学校とかだと、
ミシン、ハサミ、包丁など一歩間違えると危険な物は使ったらダメみたいな変なしきたり?みたいのがあって
火も使えないから調理実習は電子レンジでできるものとか、おかしな事が実際にあって、

私はそれが納得出来なかったから、
何年も調理実習していなかった学校で、
汚れていた調理室を片っ端から綺麗にして

子ども達には可能性の話をして
調理実習を実施しました。

だって火を使って いたずらして面白がったり、
包丁振り回したりして実習できなくなるより、
絶対 料理したほうが楽しいもん。
食べれる方が嬉しいもん!

いざやってみたら、やっぱりみんな喜んでやっていました。
やってらんねー!と ぶつかった子もいたけど、
じっくり話をしたら 最終的にはノリノリでやってくれました。(笑)

先生が生徒信じなくて、どうするの!?
という思いから出た、先程の暑苦しい発言です。(^_^;)


当時を思い出して、話がだいぶそれてしまいました。Σ(゚д゚lll)

すみませんm(._.)m



はい、本題に戻ります。

可能性を信じろ!

そんな事言ってた人間が、
自分の可能性に蓋してたって…(苦笑)
 


なが〜い冬眠してたけど、
あの頃の自分、カムバック完了!!!




スタートラインはもう越えた!
さあ、次は??

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(  `∇´)┘



子ども食堂への想い。体験型 子ども食堂って?

なぜ 子ども食堂を作りたいのか。

 
 

元の元の大元を辿ると、

話は今から十数年前に遡ります。
 
 

私が中学校で働き始めて間もない頃、

いじめによる悲しい出来事が連日ニュースで流れていました。
 
 

ある日、

テレビに見覚えのある中学校が映りました。
 
 

私の母校だ。

私の母校でも…。
 
 

ショックでした。

失われた尊い命を間近に感じました。

自分が過ごした荒れた中学時代から、
何年もの時を経ても
子ども達の置かれている状況は、
何も変わっていない事を痛感しました。
 
 

その瞬間、なんとかしたい。

この子どもたちを取り巻く環境をどうにかして変えたい。変えなくては!
 
ものすごい強い感情が沸き上がり、
子ども達の笑顔を守り、笑顔を広める為に
私に何ができるのか…
 
 

この日からこれが 私の中の教育のテーマとなりました。

 

 
 
 

 

……で!?

 
 

だから、なんで子ども食堂?

 
 

という声が聞こえた気がするのは気のせいでしょうか?∑(゚Д゚)

 
 
 

もうすぐ分かるので、

もうしばらくお付き合い下さいm(._.)m
 
 
 

この時をきっかけに、

何かしたい、何かしたいと『何か』を探し続け、

現場でたくさんの子ども達と関わる中で、
子どもの抱える問題、
子どもの周り、環境が抱える問題を感じながらも
自分にできる事を模索し続けていました。


それと同時に、
生きにくさを抱えたまま社会にうまく適応できず、大人になった今でも苦しんでいる人達を間近で見てきたので、私にとっては社会的な問題も決して他人事ではなく、

今、この瞬間に生きにくさを感じている子ども達の笑顔を守る事の大切さを常に強く感じていました。

 
いろいろな背景がある中で、
私にできる『何か』を学生、仕事、結婚、出産、子育てを経ていく中で、
いろんな立場のアンテナで世の中の情報や
問題点を受信し続け、その時々で考えを深めつつ、

 
 

やっとココに辿り着きました。 

 
 
 

『子ども食堂がある事によって

様々な人と関わる事ができ、 
生きづらさを感じる中でも、
大切に想ってくれる誰かとの出会いを通じて、
笑顔を守り 広める事が出来るんじゃないか。』
 
 

また、

 

学生時代に教員免許と栄養士資格、

調理師免許を取得し、
学校で家庭科を教えていた私は
 
 

『食べる事は生きることであり、食が人の心と体を育む』

という思いを持っていて、
 
『子ども達に、温かい栄養のある物を食べさせたい。
地産地消を通して、地域に愛着と誇りを持って欲しい。
食を通じて共生を学び、自分の成長を見つめ、 
自分を大切に思うきっかけになれば。』
 
という思いと、十数年前からの思いが繋がったのです。
 
 
 

そうです。そうなんです。

 
 

その為にも、子ども食堂なのです!

 
 
 
 

ただ、

 

私が目指すものは

『できる!が身につく 体験型子ども食堂☆』
 
 

長くなりましたが もう少しお付き合い下さいm(._.)m

 
 
 
 

できる!が身につく 子ども食堂って!?

 
Whaaaat?
 
 

はい、こんな声が聞こえて来た気がするのでお答えします。

 
 

子どもはいつか自立します。

自分で料理を作れたら ラッキーな事
きっとたくさんあります。
これからの時代、男だからとか 
女だからなんて関係ありません。
人が人として生きていく限り、
料理をする技術を持つ事は、
絶対にマイナスにはならないはず。
 
 

役に立つのは自立してからだけではなく、

料理が出来るようになれば 
きっと現在進行形で子ども達がハッピーに
なれると信じています。
 
 

ちなみに、我が家の娘は1歳半から包丁を握ってキッチンに立ちたがり、

5歳になった今では、家族全員分のお弁当の 中身を考えて1人で作ってくれたり、
ご飯のおかずを1人で作ったりしてくれます。 
 
いつも楽しそうに料理しています♪
自分が作った料理を家族が美味しい美味しいと言って食べるのを見て、 
娘は本当に嬉しそうな表情をしています。
 
 

そうなんです。

 

だから、子どもと一緒に料理をしたいんです。

 

子どもの知りたい!やりたい!できた!を共有したいんです。


知りたい、やりたい、を周りが受け止めてあげる事、そして たくさんのできた!を感じる事で

子どもはキッラキラに輝くハズ☆

(((o(*゚▽゚*)o)))


こういう『体験』こそが子どもには必要だと思うのです!




『まだ子どもだから、危ないから、時間がないから…』
ここでは、大人の都合や価値観で、
子どもの可能性を奪うことは御法度!♪( ´▽`)

キラキラしたあの笑顔を見たいんです!!
 

 

さらに、

料理に使う野菜も畑を耕すところから子ども達とやりたいんです。

 
私も家庭菜園で野菜を育てていますが、
野菜を育てることから得られる学びは大きいです。
野菜を育てることで、生活も心も豊かになっている気がします(*^_^*)

 

いろいろな食べ物で溢れるこの時代だからこそ、

今後益々、『自分で作る事』の必要性が見直される事になって行くでしょう。
 
 

自分達が育てた野菜を自分達で調理して、

みんなで食べる!
 
できた!を何度も実感する!



そこには、絶対笑顔がある!
 

私はそう確信するのです。





 
 
様々な人と関わる事が出来る場所で、
生きづらさを感じている中でも
大切に想ってくれる誰かと出会い、
食を通じて共に生きる事を学び、
自分の成長を見つめ、 
自分を大切に思える、
自分を好きになれる…
そんなきっかけ作りができたら。
 
 
笑顔を守り 笑顔を広めたい。
 
 
 
だから…
 
 
できる!が身につく 体験型子ども食堂を作りたい☆!!
 
 
 
今日は決意表明した、決意表明記念日☆
 
 
これからこれを実現させる為に
できる事をやっていきます!
 
 
時には自信をなくしたり、ネガティブになるかもしれません。
 
そんな悩みも共感していただきながら、
少しずつでも前に進めたら…
 
 
 
さて、
 
できる!が身につく 体験型子ども食堂☆は
果たして実現できるのか?
 
 
皆さま応援のほど、よろしくお願い致しますm(._.)m
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

f:id:kodomonomiray:20161226071239j:plain